FC2ブログ
エホバの証人のDVD、書籍をtorrentでダウンロード
消しました
SNSに顧客を奪われる組織
「人は一人では行きていけない」

kodoku2.jpg

1950年~1990年の日本において
田舎から都会へやってきた人たちの「心の隙間」に漬け込み拡大してきた多くの新宗教

しかし、FacebookやTwitterなどで「つながり」を持てるようになってきた結果、若い人たちは続々と脱退しています。

昔はそこまで信仰心が無くても、
「家族・仲間に無視されるのが怖いから居続けよう」
という気持ちが引き止める役に立っていたのでしょうが、
今ではインターネットで簡単に所属するコミュニティを決定できます。

ネット上の友達はいざという時に助けてくれない
というのはもはや過去の話
現在は新宗教に所属していても困ったときに助けてはくれません。
天災の復興支援で助けてもらえたという経験談はどの宗教も大々的に掲示しますが、
それは外部への「宣伝」のためです。
自動車の製造業だって同じことをしていますよね。

(実際、壊れた家屋の復旧だけであれば、地震保険(月100円程度)が、
入院したときの御見舞金であれば、生命保険(月500円程度)もあります。)


しかも、1950年~1990年に終末思想に傾倒してしまった人の中で
「年金を払わない」
「退職金が貰える正社員ではなくパートタイムの仕事を数十年」
という人生を選択したその人達が現在50歳に差し掛かって焦り始めています。
中には鬱病となって心療内科へ通う人まで・・・

2世と呼ばれる若者たちは、そんな 「お金の無い親」 を見てどう感じるか。
たいした学歴が無い二世は、親の介護のために死ぬほど忙しく働かなくてはいけません。
忙しいとSNSのチェックはできても、毎週定期的に集会・集合することなどできません。

そうすると、悪循環の始まりです。
若い人が減ると、組織は年金を貰って昼も夜も暇している高齢者が喜ぶような記事しか書かなくなります。
そうすればしばらくはお金の収入に困らないからです。

「若者はだめなので、我々が教導しなければならない」
「若者が奉仕しないのは、たるんでいる」
「若者が寄付しないのは、なまけている」

といった具合です。

実際、10年前は1年に1回くらいだった「寄付の催促」「労働への徴収」が、年に4回に増えています。
「金も銀もエホバの物」なら、こんなに頻繁に催促しなくてもやっていけるはずです。

組織が困っている時に自分の持っている余ったお金を振り込んでも、
5年後、10年後に自分が困ったときに組織はお金を自分の口座に振り込んでくれるわけではありません。

しかも、若者の人生設計も大きく崩れました。

今までは組織にとどまっていれば適当な時期に結婚できたものが、できなくなってきます。
美人で若い女ほど、早々に組織を離れ、残っているのは太っていたり、顔が平均以下だったりする女。
男も同様に離れていきます。
逆も同じことが言えます。

「インターネット上の書き込みは嘘だから読むな」では北朝鮮や中国共産党、ロシアのKGBが行った言論統制と同じです。
本来なら「すべての情報を見た上で自分で判断しましょう」というのが宗教のあるべき姿なのです。

エホバの証人は伝統的宗教より安上がりだって?ご冗談を

毎月3000円寄付していたら、30年で108万円
毎月30時間奉仕していたら、30年で1080万円です(時給1000円として)

忘れないでください。
信者数の少ない宗教は「我々はノアの家族だ、生き残るのは少数だ」と言います。
信者数の多い宗教は「我々が多いのは神から祝福されている証拠だ」と言います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→https://jw0media0download.blog.fc2.com/tb.php/144-f2e1e858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)