FC2ブログ
エホバの証人のDVD、書籍をtorrentでダウンロード
消しました
クレジットカードでの寄付の本音と建前
クレジットカードに対応した本音は、病気で集会に来なくてもいいが、
金だけは定期的に送金してほしいから

建前はせいぜいこんなところだろう、各会衆毎に寄付を管理する係が高額の現金を取り扱う手間を減らし、一ヶ月待たずに着金するメリットがあるから(寄付係がネコババすることも無くなる)

土地や株式の遺贈も、これから亡くなる高齢者の資産を骨までしゃぶるためのもの。

何度も書くけど、いくら協会に貢いでも、寄付者が病気や倒産や失業でいざお金が必要になって助けほしいと思っても協会はお金は出してくれない(寄付した以上に援助してくれないのは当たり前として、一部たりとも返してくれない)

条件付き寄付の取り決めも、法律の専門家が巧みに詐欺文書を作って簡単には引き出せないようになっているので、実質的に戻ってくることは期待できないだろう。

そもそも、金もエホバのもの、銀もエホバのものならばそこまで集金に執着しなくても、金は井戸から湧き出て、空から降ってくるはずである。

何かおかしいと思わないか。
スポンサーサイト