スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待が明るみになった途端、慌てて公式サイトに虐待についての釈明を掲載する

「幼い時に言うことを聞かないとお尻を叩かれていた」
「女の子なのに小学4年生になっても陰部を露出させられた」
「手で叩くんじゃなくて、ベルトで叩かれた」

DSTyPFGUIAA5NCG.jpgDcPGNRRVwAAVnt-.jpg

組織の言い分は

「エホバの基準は高いので、
世の基準とはますます悪い方向へ向かう(※1)ので
どんどん差ができます。
エホバの基準を貫きましょう」

だったものが、いつの間にか

「一部の信者が勝手に暴走しただけです」

と言い訳。

実を言うと

一般誌にこの漫画が連載されるようになって虐待が明るみになった途端
日本の公式サイトにも「虐待についての言い訳」が掲載されるようになりました。

(この雑誌も読むの禁止になるんじゃないですかね。焚書。まるで北朝鮮みたいな独裁国家のようです。)

DJRe2MEVYAAR97L.jpg

DJRe2L1V4AA9jR6.jpg

DJRe2L8UQAAevCP.jpg


社会的に批判されそうになると世間体を気にして簡単に
「そんなこと言ってません」と開き直る組織に付いていくのは無理です。

その他のページ

DVVfjybUMAAsKkv.jpg
DcRY-R_VwAUei2R.jpg
DcRY-XbV0AEDyKR.jpg



※1 実際は世界的な統計では「犯罪は減っています」
単純にSNSやインターネットニュースで身近に犯罪について知れるようになっただけです。
数を見れば昔のほうが犯罪は多かったのです。
その矛盾に気づかれたくないために、組織は最近まで信者がインターネットを見ることを遠巻きに禁止していました。
ちなみに現在ではSNSもiPadも普通に使っているのです。
少し前は組織内でインターネット機器を活用する人がいれば肉的な人だと批判され、
排斥された人間のような目で扱われていました。
まったく、都合の良い人達です。
スポンサーサイト

政治に反対している証人たちがあまりにも主の到来が遅いので政治を始めてしまう

偉い人「この案に賛成の方は挙手をしてください」

信者たち「(挙手)」

偉い人「ではこの案は賛成多数で採用となりました」





おまけ

偉い人「講演を妨害する反対者への対策で、過去に格闘技を習っていた体格の良い男性(兄弟)をボディーガードに起用します」

研究生「それって日本国の自衛隊と何が違うんですか?」

偉い人「その人追い出してください。出入り禁止にしましょう!出て行け!」

SNSに顧客を奪われる組織

「人は一人では行きていけない」

kodoku2.jpg

1950年~1990年の日本において
田舎から都会へやってきた人たちの「心の隙間」に漬け込み拡大してきた多くの新宗教

しかし、FacebookやTwitterなどで「つながり」を持てるようになってきた結果、若い人たちは続々と脱退しています。

昔はそこまで信仰心が無くても、
「家族・仲間に無視されるのが怖いから居続けよう」
という気持ちが引き止める役に立っていたのでしょうが、
今ではインターネットで簡単に所属するコミュニティを決定できます。

ネット上の友達はいざという時に助けてくれない
というのはもはや過去の話
現在は新宗教に所属していても困ったときに助けてはくれません。
天災の復興支援で助けてもらえたという経験談はどの宗教も大々的に掲示しますが、
それは外部への「宣伝」のためです。
自動車の製造業だって同じことをしていますよね。

(実際、壊れた家屋の復旧だけであれば、地震保険(月100円程度)が、
入院したときの御見舞金であれば、生命保険(月500円程度)もあります。)


しかも、1950年~1990年に終末思想に傾倒してしまった人の中で
「年金を払わない」
「退職金が貰える正社員ではなくパートタイムの仕事を数十年」
という人生を選択したその人達が現在50歳に差し掛かって焦り始めています。
中には鬱病となって心療内科へ通う人まで・・・

2世と呼ばれる若者たちは、そんな 「お金の無い親」 を見てどう感じるか。
たいした学歴が無い二世は、親の介護のために死ぬほど忙しく働かなくてはいけません。
忙しいとSNSのチェックはできても、毎週定期的に集会・集合することなどできません。

そうすると、悪循環の始まりです。
若い人が減ると、組織は年金を貰って昼も夜も暇している高齢者が喜ぶような記事しか書かなくなります。
そうすればしばらくはお金の収入に困らないからです。

「若者はだめなので、我々が教導しなければならない」
「若者が奉仕しないのは、たるんでいる」
「若者が寄付しないのは、なまけている」

といった具合です。

実際、10年前は1年に1回くらいだった「寄付の催促」「労働への徴収」が、年に4回に増えています。
「金も銀もエホバの物」なら、こんなに頻繁に催促しなくてもやっていけるはずです。

組織が困っている時に自分の持っている余ったお金を振り込んでも、
5年後、10年後に自分が困ったときに組織はお金を自分の口座に振り込んでくれるわけではありません。

しかも、若者の人生設計も大きく崩れました。

今までは組織にとどまっていれば適当な時期に結婚できたものが、できなくなってきます。
美人で若い女ほど、早々に組織を離れ、残っているのは太っていたり、顔が平均以下だったりする女。
男も同様に離れていきます。
逆も同じことが言えます。

「インターネット上の書き込みは嘘だから読むな」では北朝鮮や中国共産党、ロシアのKGBが行った言論統制と同じです。
本来なら「すべての情報を見た上で自分で判断しましょう」というのが宗教のあるべき姿なのです。

エホバの証人は伝統的宗教より安上がりだって?ご冗談を

毎月3000円寄付していたら、30年で108万円
毎月30時間奉仕していたら、30年で1080万円です(時給1000円として)

忘れないでください。
信者数の少ない宗教は「我々はノアの家族だ、生き残るのは少数だ」と言います。
信者数の多い宗教は「我々が多いのは神から祝福されている証拠だ」と言います。

不都合な「読者からの質問」は無視するものみの塔協会


・開拓奉仕者が政府が税金で用意した市営住宅、県営住宅に住むのは正しいことですか?シングルマザーや身体障害者など週5日働きたくても働けない人が入居できなくなっています。 from 日本

・北朝鮮がミサイルを発射して緊張が増していますが、兵役拒否したことによって、隣の家の若者が代わりに兵役に就き、戦死もしくは敵国の兵を殺したら、殺人になりますか? from 韓国

・ロシアの禁令には組織一丸となって抗議したのに、シンガポールや中華人民共和国で講義しないのは有色人種、アジア人差別ですか?それとも国民一人あたりのGDP所得が少ないためですか? by ロシア

・神がモーセやエリヤを助けたのなら、我々ものみの塔聖書冊子協会の信者も救ってくださるはずだと書いているが、同じことをカトリック教会やイスラム国も言っているのではないか? by フランス

裁判を行う準備に入ります

今年の夏までに、エホバの証人の日本支部から300万円の返金が無い場合は裁判を行います。

このブログを日本支部の担当者が見て、各地の回収の長老にこのブログを書いている犯人探しをする旨の支持を出していることまでは分かってます。

見ているのなら早急に以下記事のメールアドレスに送金をすべきです。

弁護士に相談したところ、まずは簡易書留郵便もしくは内容証明郵便を送るように指示がありましたので、しばらくは日本支部の反応を待ちます。

http://jw0media0download.blog.fc2.com/blog-entry-135.html

カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。