スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織の見解が変わったり、予測が外れる事もある

過去に聖書研究者(エホバの証人)の予想(予言ではない)が外れたこともあります。

一昨年の大会で発表されたDVD「信仰を実践する人々 第1巻」

昨年2巻が発表されましたので、エホバの証人の会衆に交わっていて、既に視聴した方もおられることでしょう。
大会で発表されたDVDには
・1914年に14万4千人からなる油注がれた会衆は天に上げられると考えた人
・第二次世界大戦がハルマゲドンであると考えた人
・不倫をしても良いと考えた人

たちがいました。ものみの塔や目覚めよ誌を読めば更に多くの経験が掲載されています。

その人たちの見解は調整される必要がありました。
2011年の研究記事を引用します。

*** 塔11  7/15 30ページ 9–10節 神の休み―あなたは入っていますか ***
現代において,聖書の特定の教えの理解が精錬されることがあります。そのようなとき,わたしたちは戸惑うべきではありません。むしろ,忠実で思慮深い奴隷級への信頼を強めるべきです。「奴隷」の代表者たちは,真理の何らかの点に関する見解を明確にしたり正したりする必要があると気づいたなら,調整することをためらいません。奴隷級は,理解を調整したゆえに受けるかもしれない批判を避けることよりも,明らかにされてゆく神の目的に沿って行動することを重視しています。聖書の理解に調整が加えられたとき,あなたはどう反応しますか。―ルカ 5:39。
10 別の例を考えましょう。19世紀末から20世紀初頭にかけて,優れた講演者だったある聖書研究者たちは,よく準備した話を関心のある聴衆の前で行なうことが宣べ伝えるための最善の方法だと感じていました。精力的に講演を行ない,聴衆から多くの賛辞を受ける人もいました。しかし後に,エホバは戸別伝道をはじめとする様々な方法で宣べ伝える業にいそしむよう望んでおられる,ということが明らかになりました。一部の熟達した講演者たちは,新たな方法に取り組むことを拒みました。はた目には主に全く献身した霊的な人でしたが,宣べ伝える業に関する神の目的が明らかになると,本当の考え,意図,動機があらわになりました。エホバはどのようにお感じになったでしょうか。その人たちを祝福なさいませんでした。結局,彼らは組織を去りました。―マタ 10:1‐6。使徒 5:42; 20:20。


聖書には

(マタイ 24:45-46) …「主人が,時に応じてその召使いたちに食物を与えさせるため,彼らの上に任命した,忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか。46 主人が到着して,そうしているところを見るならば,その奴隷は幸いです。

とあります。

この例え話の忠実な奴隷は主人の帰りを待って、いつでも迎える準備をしていました。

ある晩、扉がコンコンコンと鳴ります。
忠実な奴隷は急いで仲間の奴隷を起こし、主人を迎えるため戸口に急ぎます。

しかし、それは風の音で主人のノックではありませんでした・・・。

忠実な奴隷は、気まずい思いをしたかもしれませんが、主人が戻る日に備えて引き続き準備することでしょう。

この例え話の奴隷は「酒を飲んで眠っていて起きなかったり」「怠惰」「よこしま」でしたか?
いいえ「用意のできていることを示し」ていました。






さて、見解が変わったり、予想が外れたことによって組織を離れた人に関してはどうでしょうか
実際それらの人々は離れるための言い訳としてもっともらしい口実を作っているだけです。

本当は
「金や女=肉の欲望」に負けてしまったが、それを理由にするのは恥ずかしいからであったり
「自分の命だけ救われば良い、他の人の命や、エホバ神の主権の論争なんてどうでも良い」と考えて、世の滅びを望んでいた人たちです。

そのような人にはたして「愛」があるでしょうか?
実際、1914年(主の臨在)や
1975年(アダムとエバの年齢差)に
ハルマゲドンが起きることに過度に固執した人は神により「ふさわしくない者」として「ふるいに掛けられた」と言えます。

(マタイ 13:47‐50) 47 「また,天の王国は,海に下ろされてあらゆる種類の[魚]を寄せ集める引き網のようです。48 それがいっぱいになったとき,人々は浜辺にたぐり上げ,腰を下ろして,良いものを器に集め,ふさわしくないものは投げ捨てました。49 事物の体制の終結のときにもそのようになるでしょう。み使いたちは出かけて行って,義人の中から邪悪な者をより分け,50 彼らを火の燃える炉にほうり込むのです。そこで[彼らは]泣き悲しんだり歯ぎしりしたりするでしょう。


本当の神の僕であれば、「ずっと見張っていて」エホバと同じように「すべての人が救われるよう、王国を第一にする人」ではないでしょうか?

*** 塔03  3/15 21ページ 5節 初期クリスチャンとモーセの律法 ***
ペテロは,律法に固執する代わりに,自分の見方を調整しました。これがきっかけで,神の目的について驚くべき事実を知ることになります。

*** 塔03  3/15 25ページ 17節 初期クリスチャンとモーセの律法 ***
識別力を持つクリスチャンは,神の霊感のもとにパウロや他の人々が書いたものを注意深く研究し,律法について正確な結論を引き出しました。しかし,モーセの律法に対する正しい見方が,ユダヤ人のクリスチャン全員の前で疑問の余地なく明瞭にされたのは,西暦70年になってからのことです。

*** 塔03  3/15 25ページ 19節 初期クリスチャンとモーセの律法 ***
『今日,聖書の理解が明確にされるとき,自分はどのように反応するだろうか。(マタイ 24:45)聖書に基づく指示が与えられるとき,その字句だけでなく,精神もくみ取って,それを当てはめようとするだろうか。(コリント第一 14:20)何らかの気がかりな問いの答えがなかなか示されないと思うとき,辛抱強くエホバを待つだろうか』。「決して流されないよう」,今日入手できる霊的食物を十分に活用することは肝要です。(ヘブライ 2:1)エホバがみ言葉,ご自分の霊,また地上の組織を通して指示をお与えになるとき,注意深く耳を傾けましょう。そうすれば,エホバは終わりのない命をもって祝福してくださるでしょう。それは幸福なもの,そして満ち足りたものです。

*** 拝 第8章 73–74ページ 8–9節 『邪悪な霊の勢力と格闘する』 ***
わたしたちは自分の見方を調整してキリストの模範に合わせるよりも,聖書を読んで正しい生活をしていればそれで十分だ,と言って「耳をくすぐる」人々のほうに引かれるかもしれません。(テモテ第二 4:3)わたしたちが実際に他の宗教団体に加わるか,自分なりの宗教に固執するかは,サタンにとって重要ではありません。わたしたちがみ言葉と組織を通して神から指示されるとおりにエホバを崇拝することさえなければ,それでよいのです。
9 サタンはまた,人々が正常な欲求を間違った方法で満足させるよう狡猾に唆します。その際に用いてきたのは,性的な親密さに対する欲求です。世の多くの人は聖書の道徳を退け,結婚していない人たち同士の性関係を正当な楽しみ事,あるいは自分たちが大人であることの一つの証しとみなします。結婚している人たちの場合はどうでしょうか。姦淫を犯す人は少なくありません。配偶者が不貞を働いたわけではないのに,別の人との生活を始めることができるよう,離婚や別居を求める人たちも大勢います。サタンが巧妙な近づき方をする際にもくろんでいるのは,いま味わえる快楽を求めて生きるよう人々を感化し,それらの人自身や他の人たちに及ぶ長期的な影響だけでなく,とりわけエホバおよびみ子との関係にも及ぶ長期的影響を無視するよう仕向けることです。―コリント第一 6:9,10。ガラテア 6:7,8。

*** 塔11  7/15 16ページ 5節 あなたはエホバの明確な警告に留意しますか ***
巧妙な偽造者が偽の書類を使おうとするように,背教者は「まやかしの言葉」つまり偽りの主張を用いて,自分たちの作り上げた見解が真実であるかのように思わせようとします。「欺きの教え」を広め,自分たちの考えに合うように「聖書……を曲解」します。(ペテ二 2:1,3,13; 3:16)背教者がわたしたちの益を気にかけていないことは明らかです。




世の事に夢中になっていたり、宣教を行っていない人は神の僕ではありません。

現代ほど「しるし」が顕著に表れた時代は未だかつてありません。
「しるし」については公式サイトまたは、このブログの過去の記事をお読みください。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: コーヒーと酒

現実世界で語っても相手にしてもらえないから
中傷をネット上で語ることしかできないのでしょうね

コーヒーと酒

Yahoo!知恵袋で元エホバの証人だと言い張る人が「ものみの塔は酒とコーヒーを飲むことを禁止している」とか書いてましたけど、どうしてあんな幼稚な嘘をつくんでしょうかねぇ……

ピラミッド

それと急にピラミッドの話題を持ち出してきたね
記事とは無関係なことと、何百文字ものコメントは迷惑なのでで削除しました。

そんな、組織名としての「エホバの証人」が生まれる前の時代の話をされてもねぇ

ラハブやパウロも一時は異教徒だったわけだし、
現代のエホバの証人の兄弟姉妹も
バプテスマ受ける前(クリスチャンになる前)は、
占いや異教の習慣等やっていた人もいる。

しかも、宇宙人崇拝するようなインチキ宗教とか、黒魔術とかオカルトとは程遠いわ、
ただの歴史研究じゃん。
エホバの証人は考古学や天文学等の科学を否定はしていないだろうに。

実際、ある考古学者はエジプトの古代遺跡の発掘調査によって、聖書の信ぴょう性を立証したんだよね
ダビデは夜空を見て神への信仰を強めた

DVDはこちら
http://jw0media0download.blog.fc2.com/blog-entry-2.html





あと、やっぱりいつもの、話題そらし作戦ですか。
ということは、今までのラッセル兄弟&名詞の「組織」の話題に関しては負けを認めちゃったんだね?
付き合いきれないよ・・・
もう来ないでね!
多分お互い時間の無駄だから。

もし何か主張したいなら自分でブログでも作れば良いし、
私の記事に不満ならリンクを貼っておけば良い

もしくは、世界で700万人超えるエホバの証人規模の組織でも自分で作ればいい。
または、最近流行のデモでも行って、街中で「エホバの証人反対」とでも叫んでいれば良い
もちろん、過去にそういった行動がことごとく失敗してることも知っているよね?
だから、ネットでしか粋がれないのかな?

焦らずとももうすぐ国連による大患難がやってくる。
大患難になれば偽宗教は全滅、エホバの証人の勢いは減少するから、
その時に勝手に一時の「勝利気分」にでも浸ることだね。
脳の小さい君にはそれで十分だよ。

Re: 哀れな地の人へ

ヘロデの死と似ていると言いたいのだろうけど、文脈の前後関係等考慮するとまったく違うよ。
それに義人のエノクは寿命ではなく突然死んだのだから、その理屈でいくとエノクも悪人になっちゃいますよ
いつも、論点ずらすの得意ですね。

てゆうか、あなたは「エホバ神」の存在は信じているんだね?
ならどうして、聖書の諸原則には従っていないの?ねえどうして?

Re: それから

ぷ。
なんだ、「エホバの証人の家庭で育った」という部分からあなたは嘘ついてるんですねぇ
エホバの証人の集会に出席したことが無いんですね

そりゃ、世の中のインチキ宗教が
池田大作、大川隆法、浅原彰晃等人間への絶対服従をしてるので
エホバの証人もそれと同じだと勘違いしてるんでしょうけども・・・まったく間違ってますね。

あなたの作戦は既に読めてますよ。
私が理性を失ったり、失言したりするのを待っているんでしょう?




このブログの読者さんへ。
もし、この人の言っている事が気になるようでしたら、今年の夏に行われる大会にぜひいらしてください。

DVDもあります。
http://jw0media0download.blog.fc2.com/blog-entry-11.html


それから

>「王国会館」「大会ホール」
ベテルの・・・という単語も文書や会話で使っちゃダメ、聖書中に存在する単語に置き換えて表現しろってことになるからね。

{組織」はこんな言葉に忠誠を求めていない。だからこのたとえは全くの、的外れ。

*** 塔84 7/1 15 『この戦いはあなた方のものではなく,神のものです』 ***
エホバへの信仰,エホバが代弁者として用いておられる人々に
する信仰,そうですエホバの組織に対する信仰です!

エホバへの信仰と組織への信仰とを同等のものにし「地の人」を高めている。
当然このようなでたらめなことを引用できる聖句はない。戒める聖句はあるが、・・・。
だからこの記事の言葉はエホバが求めているのではなく「組織」が書いて求めている民の誤導。

組織信仰はエホバが忌み嫌われる偶像崇拝だ。どうして気づかないのだろう。


それからいちいち「組織」にこだわったのが、テーマが「組織の見解が変わったり、予測が外れることもある」というものだからでしょ。

哀れな地の人へ

書き込みを削除するのはあなたの勝手だが、書いてもいないことを勝手に書いたことにして不正な非難をするのはやめなよ。「偽りの舌」エホバの証人として恥ずかしいから。
見ている人がエホバの証人はみんなこんなやつらだと思うから。
うそを書いてアクセス制限拒否も哀れだよ。

「災害で亡くなった人」の話なんか全くしてないだろ。
作り話で、すりかえるなよ、恥ずかしいから。
終わりの時を「預言していた人を」、JWの別の記事での見苦しい言いわけでは「期待していた人」と他人事のように書いてある。それらは歴代会長であることが「ふれ告げる」の本の中などにしっかりと書かれている。「突然死」「結腸がん」「脳腫瘍」で亡くなったことや日時も書かれている。読んだことないの?

エホバが用いて終わりの日時をふれ告げている最中や、預言を外した直後に、激痛でもだえ苦しむことやモルヒネ麻薬を使わないと耐えられないような凄惨な病気で死んでいる。老衰で大往生したのではないのよ。
これは偶然?エホバが関与していないのだろうか?み言葉に当てはめるときっとしているね。

JW出版物の引用を都合が悪いからと言って削除するな。
このような精神は、公の場では「論じる」ことが全くできない哀れなJWよく見られる現象。

JW出版物を否定し、個人研究不足で知らなかった情報に触れ耐えきれず、目を背けたいならないなら、、このようなJWの恥部を広めるブログは閉鎖が一番。身内で、オタクでやってくだされ。

それに

それにエホバの証人の兄弟姉妹が病気や災害で亡くなったとして

「天罰が下った!」

と喜んでコメント書き込んじゃう時点で、あなた頭が軽すぎますよ。
ちょっと、不謹慎すぎるのでそのコメントは削除しましたけども
もし、

病気で死んだ人=天罰

という解釈だと、聖書中の模範的な義人まで悪人だったってことになっちゃうよね
そもそも「義人が絶対病気にならない」のであれば、イエスが奇跡で信仰の厚い人々を回復させる必要も無かったわけだし。楽園で健康が回復する話は「希望」にはならないよね。
事故が天罰だとすれば、転落死したユテコをパウロが復活させる意味も無いよね。





あと、いちいち「組織」にこだわってるようだけど
「組織」「ソシキ」「soshiki」という単語が聖書中に見つからないからって、エホバの証人が間違ってるってことにはらなないよ。

その理屈でいくと、
固有名詞の 「王国会館」「大会ホール」
ベテルの 「炊事部門」「洗濯部門」「翻訳部門」
移動手段の 「飛行機」「自動車」
聖書時代には知られていなかった国名 「フランス」「日本」
最新の道具である 「PDF」「MP3」

という単語も文書や会話で使っちゃダメ、聖書中に存在する単語に置き換えて表現しろってことになるからね。
つまり、あなたのこだわっている部分は総じて「的外れ」ってこと。

Re: 姉妹、動揺させちゃったね

はいはい。
あなたが最強ですよ
世界一の賢人だね

せいぜい一人で頑張ってね
あと寂しいからって相手にしてもらいたいんだか知らないけど
その無意味な書き込み続ける時間を居酒屋でアルバイトでもしたほうが良いよ

もう来ないでね

姉妹、動揺させちゃったね

「組織」はあくまでもただの「システム」または、それに属する「全体の人々」を指す。神が目的を持っておられるのであって、「組織の目的」という表現や「組織への忠誠」という聖書にはない表現で人を誤導するのはやめるべき。み言葉に反する。
「塔」には「組織への信仰・信頼・忠誠」を促す「すり替え洗脳記事」ばかり。組織への忠誠を誓わせるのは、「やくざとエホバ」の「組織」だけ。
新世界訳聖書には、「神への信仰・信頼」「エホバへの忠誠」を求めるみ言葉は存在しても「組織」という言葉すら存在しない。

この事実をきれいで高貴で眩しすぎるお嬢ちゃまのような優秀な頭で、もう一度よーく考えてみてね。

あなたが信頼・信仰を置いているのはあなたと同じ「地の人」の子「高貴な者」でしかない。お気の毒。

*** 聖8-参 詩編 146:3 ***
3 高貴な者にも,地の人の子にも
信頼を置いてはならない。彼らに救いはない。


コメントへの回答

聖書における代表的な組織と組織の目的、主な代表者。

0.アダム(楽園拡大)
1.ノア(箱舟建造)    ※洪水の時期を1週間前まで知らなかった  
2.アブラハム(子孫繁栄) ※自分の胤が一国を築くのを見ずに死んだ
3.モーゼ(エジプト脱出) ※約束の地に入ることなく死んだ
4.ヨシュア(カナン奪還) 
5.裁き人(キリストまでの養育係)
6.列王時代(神の祝福を世界に知らしめ、背教の悪い結果を後代に残すため)
7.キリスト(預言の成就)
8.使徒・統治体(異邦人への拡大・パウロは統治体の指示に従った)

9.<<黙示録の預言>>

詳細は
jw.org
「徹底的に証する」のPDFでも読めば概要が掴める。

Re: 闇の組織とエホバの組織

本来なら、面と向かって話す勇気もない、引きこもりに真剣に回答する筋合いなんてないですけど
あまりにも醜く、卑しい姿を見るに堪えないのでリンクだけ張っておきます。

エホバの証人に見切りをつけたのに、後になってぐだぐだ粘着するなんて未練がましいにも程がある。
それとも、エホバの証人の仲間に自分自身のことを忘れられるのが怖いのか・・・
それとも、自分の狭量な知識で孤立しておきながら、今でも神の聖霊を十分に受けていると錯覚しているのか・・・

http://jw0media0download.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

(テトス 3:9‐11) …愚かな質問や系図や闘争,また律法をめぐる争いからは遠ざかっていなさい。これらは無益であり,無駄なことなのです。



闇の組織とエホバの組織

日本人は、「組織」という言葉を、「特定の目的を達成するために、諸個人および諸集団に専門分化された役割を与え、その活動を統合・調整する仕組み。または、そうして構成された集団の全体」を意味する言葉として普通は使う。

組織が見解を変えるとか組織が予測するというような言葉遣いは、普通の人はしない。改めたほうがよい。
そのような言葉遣いをするのは、人を脅すような闇の怖い「組織」の人たちとエホバの証人の「統治体」と呼ばれる、人を見下すことにたけた人間様だけだ。
己の愚かさに目を向けず、人を愚かだと見下す、自称「謙遜な人たち」。彼らを神の代弁者として受け入れ、どっぷりつかっているJWはその不自然さに全く気が付いていない。

で、「組織」という言葉は、創世記や福音書のどこに出てくるの?
ソナタは、ほんとうに創世記や福音書ぐらいは読んだのかい?

できるなら、「塔」や「目」ではなく新世界訳聖書から引用してね。

Re: 闇の組織

とりあえず、創世記と福音書くらいは読みましょうよ
先代と後代、近代の歴史を把握せず。
しかも、聖書を一部分しか読んでいないことがバレバレですよ。
そのコメントは「私は一部分しか知らずに、流布された情報だけを鵜呑みにして、結論を出す風に吹かれてるような愚か者です」
と言ってるようなものですよ

闇の組織

こんにちは。組織って何?
自分は神から任命されていると思い込んでいる人間のことでしょう。神の代弁者だと語る食わせ物いかさまものでしょ。神の地位まで高めて人を統治支配しようとして失敗したから表題のような苦しい言い訳をしなけれならなくなる。
エホバの証人が絶対に論じない質問、答えられない質問。
「組織」がエホバにとっても地の人にとってもそれほど重要なのに、み言葉聖書に一回たりとも記されなかったのはのはなぜですか?ライブラリーで「新世界訳聖書」「組織」で検索かけてみてね。
「塔」や「目」では「組織」は重要で山ほど出てきます。なんでだろう。
カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。