スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学は神を抹殺したか

*** 目 10/11 4–5ページ 科学は神を抹殺したか ***
科学は神を抹殺したか

英国の哲学者アントニー・フルーは,50年にわたり無神論者として深く尊敬されていました。1950年に発表した「神学と虚偽」(英語)という論文は,「[20]世紀において最も広く転載された哲学文書」となりました。1986年にフルーは,「当代切っての反有神論者」と呼ばれました。そのため,2004年にフルーが見方を変えたことを公表した時,大きなショックを受けた人は少なくありませんでした。
フルーの考え方を変えさせたものは何だったのでしょうか。一言で言えば,科学です。フルーは,宇宙,自然界の法則,そして生命そのものが,単なる偶然によって生じたはずはないと確信するようになったのです。その結論は道理にかなっているでしょうか。
自然界の法則はどのように生じたか
物理学者で著述家のポール・デーヴィスは,雨などの物理現象を説明するうえで科学は大いに役立ってきたと述べています。しかし,こうも語っています。「『自然法則はなぜ存在するのか?』というような……問いかけになると,状況はさらに混沌としてくる。この種の問いは,何かの科学的発見があったからといって答えがはっきりするものではない。ほんとうに難しい問題は,文明の誕生以来変わっておらず,今日なおわたしたちを悩ませている」。―「幸運な宇宙」(The Goldilocks Enigma),吉田三知世訳,日経BP社発行。
フルーは2007年にこう書いています。「重要なのは,単に自然界に規則性が見られるということではなく,それらの規則が数学的に厳密で,普遍的で,“互いに結びついている”ということである。アインシュタインはそれを『具現された理性』と表現した。我々が問うべきなのは,なぜ自然界はこのように一つにまとまっているのかということである。ニュートン,アインシュタイン,ハイゼンベルクといった科学者たちもまさにこの疑問を抱き,答えを導き出した。神の意思による,という答えである」。
多くの高名な科学者は,理知を持つ第一原因の存在を信じることを非科学的とはみなしていません。他方,宇宙やその法則や生命は偶然に生じたにすぎないという主張は,論理的思考を満足させるものではありません。何らかのデザイン―とりわけ高度に洗練されたデザイン―の背後には必ずデザイナーつまり設計者がいることを,わたしたちは日々の経験を通して知っているからです。
どちらの信仰を選びますか
新無神論者は自分たちの見解が科学的な根拠に基づいていると主張しますが,実際には無神論も有神論も科学にのみ根ざしているわけではありません。どちらも信仰が関係しています。無神論の場合は,目的のない全くの偶然に対する信仰,有神論の場合は,理知を持つ第一原因に対する信仰です。

http://jw0media0download.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。