スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーの由来と起源

明後日2月14日はバレンタインデーです。
チョコレートを贈り合う日と知られています。

母が子へ、女性が恋人の男性に送るようです。

バレンタイン・デー―どのようにして始まりましたか
あなたはバレンタイン・デーに,カードやプレゼントを贈ったり,もらったりしたことがありますか。多くの国では,2月14日のバレンタイン・デーにそのようなものを贈ることが習慣になっています。バレンタイン・デーは,恋人たちが祝う日と考えられています。しかし,この習慣はどのようにして始まったのでしょうか。
ブルーワーの諺と寓話の事典にはこう述べられています。「聖バレンタイン。迫害されていたクリスチャンを援助したために投獄されたローマの祭司。彼は改宗し,……撲殺された。彼の命日は2月14日……。
「バレンタイン・デーに恋人を選ぶという古代の習慣は,[この]聖人とは偶然の結びつきしかなく,本質的には古代ローマのルペルカリア祭の名残であるか……または,鳥がつがう時期と関係があるようだ。プレゼントを贈ること,また最近ではキューピッドや,矢の刺さったハートなどが描かれているカードを送ることが特色となっている」。
ではキューピッドとバレンタイン・デーとにはどんな関係があるのでしょうか。同事典はこう述べています。「キューピッド(ラテン語クピド,欲望,愛の意)。ローマの愛の神で,ギリシャのエロスに当たる。普通は,目隠しをして弓矢を持つ,翼のある美しい男児として描かれている」。
ワールドブック百科事典は,さらに詳しい情報を提供し,バレンタイン・デーの習慣の起源に関する様々な説を挙げています。「一説では,西暦200年代のローマ皇帝クラウディウス2世は,若い男子が結婚することを禁じた。同皇帝は,独身男性のほうが優れた兵士になると考えた。バレンタインという名の祭司は皇帝の命令に背き,若い男女をひそかに結婚させた。……多くの伝説によると,バレンタインは西暦269年ごろの2月14日に処刑されたことになっている。西暦496年,教皇聖ゲラシウス1世は2月14日を聖バレンタイン・デーと定めた」。
真の起源がどこにあるとしても,明らかにこの習慣は,古代の異教の信条やキリスト教世界のいわゆる“聖人”の列福に由来していることは明白です。またバレンタイン・デーは,わけをあまり知らない人が多い大衆を商売の上で利用するための口実ともなっています。―コリント第二 6:14‐18。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。