福島の兄弟姉妹の経験が掲載されました

2011年12月の「目覚めよ」に福島、岩手等東北関東大震災の被害にあった、兄弟姉妹の経験が掲載されました。

震災当時ネットでは「エホバの証人の組織は信者を放ったらかしにしている」と中傷する記事を書いた心無い人もいました。
その記事は根も葉も無いため信じた人はごく少数でしょう。

エホバの証人の評判を落とすために、嘘を広めようとする人もいましたが、時の経過と共に本当のことが明らかになりました

原発事故についても書かれていました。しかも高画質、高精細な画像です。

2011年12月の「目覚めよ」

タイトルは、「聖書~誰も抹殺できなかった本」です。
つい最近「死海文書」がインターネットで公開されたようです。

発見されるまで一部の科学者は「変わることの無い神からの手紙」というものに懐疑的で、「聖書は時代の風潮によって都合よく書き換えられてきたものだ」と主張していました。

しかし、死海文書の発見によって「聖書は何百年もの間正確にコピー(写本)されてきた」ことが証明されました。

死海文書の発見後も、聖書の信憑性、写本や歴史的正確性に対して攻撃する科学者もいましたが、古代遺跡の発掘や、古文書の発見によって、聖書が科学的にも歴史的にも正確だということが次々と証明されてきました。

現在も、聖書を攻撃している科学者もいますが、
「100回の約束のうち、99回約束を守った人がいたのなら、残りの1回も必ず約束を守ってくれるはずだ」
こう考えるなら聖書の正確さは信頼できるものです。

ただし

外典聖書(偽典聖書)と呼ばれている
エノク書や、ユディト書、トビト書、マカベア書等は、歴史的に不正確で、正典聖書との関連性も無く、人間が作った おとぎ話、作り話、正典聖書の出来事を参考にし、異教徒の民話や寓話と融合した長編小説と言っても過言ではありません。
(ユダの手紙と、エノク書にはミカエルと悪魔の論争に関して、同じ記述がありますが、それについてはエホバの証人が発行する書籍をご覧ください。一部はこちらでも読めます


聖書、事実と予言の書 DVD (無料ダウンロード)

聖書、誰も抹殺できなかった本(無料閲覧、ダウンロード)

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR