アフリカなどの僻地の動画は寄付が欲しくなる時期に放映されます

お気づきでしょうか?

アフリカなどの僻地や、ハリケーン被害にあった場所での復興支援などの動画が、集会で何週間も連続して放映される特定の時期があります。

これは調べるとアメリカ法人企業の決算時期や、ものみの塔聖書冊子協会による大型不動産買い付け予定日と重なることが分かります。

「アフリカなどの貧しくて遠い場所でもこんなにエホバの証人は頑張ってますよー」とアピールすることで、日本やアメリカ、最近ですと韓国等(挿絵に韓国人や韓国製品が急増している理由を参照)の比較的裕福な国の兄弟姉妹が

「私たちは彼らと比べれば、まだまだ裕福なのだからもっと寄付するべきだ!」と心変わりして割り増し寄付することを狙っています。

その証拠として、
ユニセフと日本赤十字社、そして川崎駅や品川駅でよく見かける怪しい募金詐欺団体にしても
貧しい発展途上国の人々の低水準な暮らしぶりを見せることで、
人間に元来備わっている同情心を煽る広告を出しています。

実際のところ

エホバの証人の統治体は、「特別開拓者」や「宣教者」といった
お金をもらいながら伝道する人たちを、
田舎の僻地ではなく、裕福な都市部へ派遣する方針に切り替えています。
(公式サイト及び、大会の発表を参照)

FacebookやGoogleなどが、人工衛星や無人機や気球を使って発展途上国や田舎等の僻地にインターネットやスマートフォンを普及させるために、何百億円も投資している一方で
エホバの証人は田舎の貧しい会衆には、いくらでも湧いてくる、ただ働きしてくれる人員を使って紙の文書を人力で運ばせます。
お金がたくさんある裕福な都市部には、有給の奉仕者を派遣しています。

多くの人は、こういった部分に偽善を感じるのではないでしょうか?
感じないのであれば組織に都合の良い人材です。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR