お前たちエホバの証人のずるいところを見つけた

ものみの塔1986年  11/15 13–14ページより
こういった経験は、たびたび年鑑等にも掲載されます。
オンラインライブラリーでご覧になれます

ナイジェリアのある証人の夫は,妻が巡回大会に出席することに強く反対していました。そのため,夫は妻について大会へ行き,騒動を起こそうとしました。プログラム終了後,その男の人は「これからお前たちエホバの証人を試すつもりだ」と言いました。この人はだれも見ていない時を見計らって,自分のポケットからお金を取り出し,しるしを付けてもみくちゃにし,地面に落としました。それから少したってその人は,お金をなくしたと言いました。しかし,お金は見つかるから心配しなくてもいいと言われました。それで,お金を落とした場所に行ってみましたが,お金はもうありませんでした。そらみろ,お前たちエホバの証人のずるいところを見つけたと言ったところ,お金はそこになくても,落とし物部門に届いているでしょう,と言われました。しるしの付いたお金は実際にその部門に届いており,本人の手に戻りました。その夫はこの経験を通して,妻が信じている事柄を調べる気持ちになり,今ではエホバの証人になっています。

この男性はひねくれていましたが、本当のことを知れました。

JWへの誤解や不満を、口で直接言うのはまだ良い方です
なぜならその場で、誤解が解けるからです

タチが悪いのが
黙ってインターネット上の掲示板やSNSに書き込む人たちです
彼らは勘違いや誤解をしていても、さも事実、そしてビックニュース(スクープ)のように書きます。
また、海外ではマスコミが面白おかしく取り上げることもあります。


目ざめよ誌の 2010年8月号 3ページ
デンマークのある駆け出しの新聞記者はこう書きました。「わたしはエホバの証人についてインターネットでたくさん読み,いろいろな噂を聞き,多くの偏った話に耳を傾けた。その結果,エホバの証人に対してかなり否定的な見方を持つようになった」。

この記者は後に,エホバの証人の家族をインタビューしました。どうなったでしょうか。こう書いています。「その家に足を踏み入れた途端,彼らに対する見方が変わった。多くの人は彼らについて十分に知らないか,早まった判断を下しているのかもしれない。わたしもそうだった。そして,自分が間違っていたことに気づいた」。―セシーリエ・フェイリング,ユースケ・ベストキューステン紙(デンマーク語)



聖書の使徒28章17節にはこうあります
「しかしわたしたちは,あなたの考えがどういうものか,あなたから聞くのがよいと思います。実際この派について,いたるところで反対が唱えられていることは,わたしたちの知るところだからです」



しかし、きっかけはどうあれ
本当に物事を正確に判断できる人にとってはかえって良い証言になることもあります。

2012年の年鑑の経験はそれを示しています
逮捕が続いたとはいえ,心の正直な人々は影響されず,かえって迫害が良い結果を生むことも珍しくありませんでした。元気で外向的な姉妹オデット・ムカンデケジは,そのころ逮捕された大勢の人の一人です。オデットはこう述べています。「迫害の時期に兄弟たちは逮捕され打ちたたかれました。ある日わたしたちは,牛の世話をしていたジョゼフィーヌという少女のそばを通りました。ジョゼフィーヌは聖書を持っていて,初期クリスチャンが悪く言われ,迫害され,むち打たれ,投獄されたという記述を読んだことがありました。エホバの証人も迫害されていたので,真の宗教であるに違いないと考え,聖書研究をしてほしいと言ってきました。彼女は現在バプテスマを受けた姉妹です」

他にも多くの経験が掲載されています。
ある宗教がするように「病気が治った!」とか「宝くじが当たった!」等の経験はありません。
そういったインチキな話については過去の記事で取り上げたので今回は省略します。

エホバの証人やかかわった人々の経験は
オンラインライブラリーでご覧になれます
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

わたしはエホバの証人クリスチャンです。

組織が背教者に耳を傾けてはならないと聖書の原則にのっとり
指針を出されたにもかかわらずわたしは見ていました。

多くの人はどんな反応をしているのか知りたかったからです。

この記事のデンマークの記者と同じで>>「多くの人はエホバの証人について十分に知らないし,早まった判断を下している」

思っているようなマインドコントロールやカルトではないと思っていました。
ただ、わたしの経験から本当にそういった背教サイトなど見てはいけないと思いました。

なぜなら、誤った教理を聴くことになるからです。
しかも、全部否定です。また、自称現役と名乗る人も
カルトだなんやら・・・ところどころ思い当たるような節があるのです。
そうなるともしかしたら私はだまされてるのかな?
と思ってしまったわけです。幸い、長老団の助けがありましたが…

はじめは面白おかしく何も変化がないと思っていたら、
しらずしらずのうちに電球の光が薄暗くなっていたのです。

Re: No title

> 誰でもWTLを落とせる状態にするのは如何なものでしょうか。

CD-ROM版は公開してませんよ。
大会の録音も公開はしていません。

なお、WOLは既に公式で公開していますので、リンクは貼っています。

http://jw.org/
の出版物のタブをクリックしてみてください。

Re: No title

パープルトライアングルや地の果てなどVHSのものも含めると15以上あり。
19世紀(まだ映画が普及していなかった時代)の活動写真も含めればかなり多くなると思います。

現在公開しているDVDのTorrentですが、共有する方が増え、
需要があることが分かりましたら他のDVDもUPしていくかもしれません。

No title

お聞きしたい事がありコメントしました。エホバの証人のDVDはどんな内容のもがありますか?八年前研究してた時に、ノアの洪水とレビ記のDVDを貸していただき見たことがありました。他にも聖書の物語のDVDってありますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR