スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排斥された人の75%は復帰します

排斥された人の75%は復帰しますが、残りの25%は戻りません

復帰したクリスチャンは排斥される前以上に努力するので、
復帰した人は皆「排斥」の取り決めの奥にある「神の愛」に感謝します。

(エゼキエル 18:23) 23 「『一体,わたしは邪悪な者の死を喜ぶだろうか』と,主権者なる主エホバはお告げになる,『[わたしは]彼がその道から立ち返り,実際に生きつづけることを[喜ぶ]のではないか』…

しかし、
排斥されないようにギリギリの所を試すようなクリスチャン
悪行を隠したり、集会欠席する(不活発)クリスチャンもいます

もちろん、このような人は全エホバの証人のうち1%未満ですが

神の組織から得るものだけ得ておいて、果たすべき勤めを放棄するような人は

組織を離れて、会社等で働いたとしても尊敬されることはないでしょう。
また、一般社会でもうまくやっていくことなどできないことでしょう。
そして言い訳に言い訳を重ねる惨めな人生を送ることになります



そんな気がしました。

サタンの世の人でさえ
親に教育や食事面で育ててもらったものの、介護は放棄するような人や、
会社で先輩に仕事を教えてもらったものの、会社を故意にサボるような人は評価されませんよね。


具体的には背教者や不活発なまま戻らない人の中には

・平気で嘘をつく
・発言がぶれまくる
・論理のすり替えが得意
・突っ込まれると苦しい言い訳をする
・正論を言われると逆ギレする
・他人に厳しく自分に甘い
・一切責任を取らない

自分を正当化するための屁理屈に近い口実を作ったり、
今まで一緒にいた兄弟姉妹の悪口を言う人までいます。
そういった人は社会に出て、信頼される人間にはなれないでしょう。




「不活発には冷たい」「排斥された人に冷たい」等と愚痴る人がいますが。
サタンの世の人でさえ
部活を辞めれば、部活の友達とは疎遠になり
学校中退すれば、学校の友達とは疎遠になり
会社退職・解雇、会社の友人とは疎遠になりますよね。
それとも、「自分だけは特別な存在で何をしても許される。すべての人から尊敬されるべき」とでも思うのでしょうか




創価学会との違い


エホバの証人がSNSや掲示板などで伝道活動、勧誘をしない理由


背教者に関するラッセル兄弟の100年前の手紙(1909年)


離れるための言い訳としてもっともらしい口実を作っているだけ

働きながら伝道活動してるエホバの証人と
生活保護貰いながらエホバの証人を中傷してる人
とでは、どちらが人として立派でしょうか?

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

何を書いてるんだ?
何も知らないんだな

Re: No title

そういう他人任せの性格だと、一般の会社でもうまくやってゆけないんじゃないですか?
いや、あなた(排斥者)と話し合うつもりはありません
特に、ネットの世界では自分の悪事を過小評価して、他人の短所を過大評価する「バイアス」が働きますからね

<聖書の原則>
箴言18:17
訴訟において最初の者は義にかなっている。その仲間が入って来て,必ず彼を徹底的に調べる。


長老は1人ではなく複数居ますし、そして隠すことなんて何一つありませんよ

http://wol.jw.org/ja/wol/s/r7/lp-j?q=%E6%8E%92%E6%96%A5&p=par
それらは公式Webサイトで公開されています。

あなたは、会衆を離れたとして別の場所で「キリストの業」をしてるのでしょうか?
何もしてないなら結局楽な方に逃げたかっただけじゃないでしょうか?

No title

私たちが調べることのできる資料と、長老の教科書では
排斥の手順に大きな違いがあるのをご存じですか?

私たちは『長老たちの援助に答え応じない人』や、
『罪を悔い改めない人』が排斥になると教えられています。
しかし排斥されて復帰した友人は
「時分はなんの援助もないまま排斥になった。長老に質問をしてもはぐらかされた」と嘆いていました。
神との関係を取り戻したい一心で告白したのに、
資料とは裏腹に、なんの援助もなく排斥になるのです。

さらに最近では冤罪で排斥になる方が沢山います。
排斥は『死人に口なし』制度ですので、だれも真実を知ることはありません。
それまで身を粉にして熱心に使えてきた方たちが
突然味わう絶望を想像されたことがありますか?

排斥されて初めて気づく組織の闇があるのです。
「愛の組織がそんなことするわけない!」
と現役の方は思うに違いありません。
しかし現実に起きているのです。
組織は不利な情報はひた隠しにするので公になっていませんが、
こうした組織の表と裏を知ってしまい、
エホバに従がっていない組織に戻ることはできない
という苦渋の選択をした排斥者たちがいるということも知っておいていただきたいです。
長くなってすみませんでした。

Re: 私も感謝してます

そういう人は沢山います
ただ、サタンからしてみれば悔しくて仕方が無いでしょうね

Re: No title

前後の文章を読んでからコメントしてくださいね

私も感謝してます

私も感謝してます
もし甘やかされてたら
今頃刑務所か施設暮らしだったと思います

No title

>組織を離れて、会社等で働いたとしても
>役立たずとみなされ
>一般社会でもうまくやっていくことなどできないことでしょう。

 どうしてそんなふうに決め付けてしまうんですか。たんなる推測を断定的に書くのは、よい証言にならないと思います。
カテゴリ
プロフィール

地の人(JW)

Author:地の人(JW)
サーバー負荷軽減、DVD生産費用削減に貢献できればと考えております。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

あなたのページに掲載したリンクから私のブログに訪れる人がいると、あなたのブログのURLが上に載り、アクセス人数がカウントされます。(逆リンクアクセスランキングです)


最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。